バツイチ子持ちでも理想の男性と結婚出来る婚活サイト特集

バツイチで子持ちだけどもう一度結婚したい!理想の男性と結婚できるオススメの婚活サイトは?

シングルマザーの手当はいくら?実家だと金額が変わる?

2017年02月13日 07時49分

saikon.jpg

↓ ↓ ↓

結婚相談所の資料をまとめて無料請求する




シングルマザーへの手当は、
全員一律というわけではありません。


所得やお子さんの人数により、異なります。


お子さんへの手当は、一人の場合全額で42,330円、
二人の場合全額で52,330円、三人の場合全額で58,330円です。


三人目からは一人ごとに6000円がプラスされます。

 
尚、全額支給の場合は上記の額になりますが、
所得が上がるにつれ、支給される額が少なくなり、
お子さん二人からの支給や、三人からの支給などになります。

 
 

実家暮らしでのシングルマザーに支給される手当て

konkatsu_135.jpg


シングルマザーの場合、実家で子育てをすることも多くなります。


その場合、手当が減るのではないか、という疑問が出てきます。


実家暮らしで手当てが出る対象となるには条件があり、
まず、実家での家計がシングルマザーとお子さんたち家族、
実家のご両親などと別々ではないこと、
つまり、ひとつの生計であることです。


そして、実家で一緒に暮すのがご両親の収入も関係してきますので、
両親の経済状況を明確にしておく必要があります。

 
上記のように実家でお子さんにとっての祖父母と一緒に暮しても、
生計がひとつ、祖父母の収入が手当支給の範囲内、
シングルマザーが世帯主である条件が揃えば、手当が出ます。


しかし、一方でお子さんにとっての祖父母や、
叔父や叔母と世帯や生計が別であっても、
同じ家で暮らしていると手当が支給されにくくなるケースも存在します。


このあたりの詳細は、
実際に問い合わせてみないと支給されるかどうかが、
ハッキリしない点はあるようです。


二世帯住宅の玄関が別の住まいであることや、
同じ敷地内に建つ家に住んでいること、
電気、水道の料金が一緒であるか別であるかといったことなど、
さまざまなケースや項目により、判断のされ方が違ってくるようです。

 
 

シングルマザーへの手当には申請が必要

konkatsu_136.jpg


尚、シングルマザーの家庭への手当の額は、
所得とお子さんの人数により明確に決められています。


該当するシングルマザーの家庭に自動的にお知らせがきて、
手当が支給されるというわけではありません。


役所に行き、申請をします。


支給されるのは、その翌月からになりますが、
住民票などの複数の書類や通帳、印鑑などが必要となります。


そうした用意するものも事前にしっかりと揃えておくことが重要です。


手当が支給されるのは、4月、8月、12月の年間3回で、
1回ごとに4カ月分が振り込まれます。

 
 

子供の為に再婚を考え始めたらまずやるべきことは?

saikon_18.jpg


新しい生活を始めた後、将来のことも考え、
人生を一緒に歩んで行ける人を探したい、
という思いが出てくるかも知れません。
 

婚活という言葉があちこちで聞かれるようになった昨今、
望むような人との出会いがいつやって来るのか、
と思った際にひとつの選択肢となるのが、結婚相談所です。


興味はあるものの、どんな感じなのかと躊躇してしまう時には、
まず資料を取り寄せてみるとよいかも知れません。

 
結婚相談所の無料請求は、資料をまとめて請求できます。

 

↓ ↓ ↓

結婚相談所の資料をまとめて無料請求する  


 

関連ページ