バツイチ子持ちでも理想の男性と結婚出来る婚活サイト特集

バツイチで子持ちだけどもう一度結婚したい!理想の男性と結婚できるオススメの婚活サイトは?

母子家庭で再婚したい時にオススメ方法と注意すべき事

2017年02月09日 19時06分

saikon.jpg

↓ ↓ ↓

結婚相談所の資料をまとめて無料請求する




シングルマザーとなり、家計のこと、子どもたちのこと、
大変なことや嬉しいことを一手に引き受けて日々を送っていたものの、
ご縁があって、再婚の運びに、という女性は珍しくありません。

 
ただここで、初婚同士の結婚とは異なる点がありますので、
留意しておきましょう。


再婚する男性と婚姻届けを提出して法律上の夫婦となります。


ここまでは初婚と同じ手続きです。


お子さんのいる女性の場合は、
そのお子さんと再婚相手の男性と養子縁組することで、
法の上でも親子関係が成立します。


婚姻届けを提出したことで自動的にお子さんも
法の上で再婚する男性の子どもとなるのとは異なります。


ただし、名字が変わることなどを含め、
お子さんの年齢によりベストな方法はさまざまになりますので、
養子縁組に関するメリット、デメリット、
そのタイミングについても考慮する必要
があります。

 
前の夫、お子さんの血縁上の父からの養育費は、
再婚によりその義務がなくなるということはありません。


ただし、再婚によりお子さんの
養育費の額が減額されるということはあります。


これは再婚する男性の経済状況などにも関係してきます。


聞きにくいことになるかも知れませんが、
家族として生活していく上で重要なことですので、
再婚する男性の経済状況はきちんと確認しておきましょう。


 

お子さんの実の父親との関係を継続

konkatsu_131.jpg



再婚する男性とお子さんが良好な関係を築けることと、
お子さんにとっての実のお父さんの存在はまた異なります。


再婚する以前に、
元夫とお子さんが定期的に面会しているのでしたら、
その後の関係継続についても考慮しましょう。


再婚後、新しい夫となった男性の前で、
お子さんが前夫の話を出しにくくなる可能性も考えられますので、
お子さんが口に出さない面についても汲み取れる姿勢も必要です。


再婚する男性との新たな生活に向けて、
再婚する男性を尊重し、
大切にしていきたい気持ちが
結婚当初は特に強まるかも知れません!


お子さんの本音を見過ごさないよう、
またお子さんが前夫との関係を希望するかたちで継続できる!


あらかじめ前夫と話しておくことや、
再婚する男性に説明しておくことも大切です。

 

自分の探している条件の男性と出会うには結婚相談所がオススメ!

konkatsu_132.jpg


シングルマザーでの再婚を望む場合、
さまざまなご縁を探す方法があります。


職場で顔の広い年配の方や同僚の方から、
結婚を希望している男性を紹介されてというケースや、
取引先などの男性との出会いというケースなどがあります。

 
ただ一方で、そうして出会った男性が、
必ずしも結婚に向けての希望に沿った条件とは断言できません。


好意を持てる人と出会えたとしても、
お付き合いから結婚の段階になると、
お互いに結婚に対して求めるものが大きく異なることがあります。

 
そうした際にシングルマザーである女性との結婚を望む男性を
広範囲で探せる方法で婚活するという選択肢があります。

 
結婚相談所の無料資料は、
まとめて資料を請求できる点です。

 
再婚相手を探す際の選択肢拡大と、
より再婚の希望条件の合う方を探すために、
結婚相談所の無料資料を利用してみてはどうでしょうか。

 

↓ ↓ ↓

結婚相談所の資料をまとめて無料請求する  


 

関連ページ